サーバーが災害に見舞われた場合のデータ復旧

ソフトウェアは基本的に1台の端末でしか利用出来ません。

なぜならソフトウェアのインストールに必要なライセンスキーは、パッケージの中に1つだけだからです。

1つの端末にソフトをインストールした後で、同じライセンスキーを使う事は禁じられています。

通常であれば製品をインストールしたい端末の数だけ、ソフトウェアを購入する事が必要です。

しかしサーバーでソフトウェアを一括管理すれば、購入するソフトウェアは1つで十分になります。


■記憶媒体の障害はリスクが大きい

サーバーにインストールされているソフトウェアは、多くの人がアクセスして使用します。

サーバーが壊れてしまうと各端末からのアクセスが不可能になり、ソフトウェアが使用出来なくなってしまうのです。

そのトラブルを解決するために必要な事は、サーバーの故障原因を明らかにして正常な状態に戻す事だと言えます。

重要な機器であるサーバーは部品の多重化によって故障リスクを軽減していますが、単独で動いている部品も存在するのです。

その中で最も壊れ易いと評されているのが、データの蓄積を担当する記憶媒体になります。

記憶媒体にはソフトウェアだけでなく、作成したファイルが含まれている事があります。

サーバーのソフトウェアで共同作業をする時、生成されたファイルをサーバーの記憶媒体で管理するからです。

今までの苦労が水の泡になってしまうため、サーバーの記憶媒体が壊れる事には大きなリスクがあります。


■災害に見舞われた場合のサーバー

サーバーが重要なデータの集積場である事は、現代において周知の事実になっています。

よって外付けハードディスクやnasに定期的なバックアップを取得していない事は、ほとんど起こりえない事態です。

サーバーをメーカーに修理して貰ってから、バックアップによるデータ復旧で元の状態に戻せます。

しかし被害範囲が広い現場の災害によるトラブルだと、バックアップを保管している記憶媒体にもトラブルが波及する事があるのです。

重要なデータが詰まっている機器が管理されるのは、セキュリティが厳重になっているサーバールームが多いと言えます。

サーバールームでトラブルが発生すると、サーバーに加えて他の機器も壊れてしまうのです。


■データ復旧業者に任せる

サーバーやバックアップの保存先の記憶媒体が壊れている場合には、データ復旧業者に一任するのが最も確実な手段になります。

データ復旧業者は物理障害を改善するスペシャリストで、個人では実行が難しいデータ復旧でも解決出来る可能性があるのです。

データ復旧業者は多数存在するためどこに依頼するか悩ましいところですが、シェアが最も高く多くの法人で実績のある会社として有名なのがデジタルデータリカバリーです。