nasが災害に見舞われた場合のデータ復旧

ネットワーク接続して使用する記憶媒体のnasは、多くの人間が気軽に利用出来ます。

ネットワーク接続が可能な環境は豊富だからです。

ネットワーク全盛の現代において、nasはあらゆる場所からアクセス可能と言っても過言ではありません。

しかしnas本体が壊れる事によって、貴重なデータが消えてしまう事もあります。

ネットワークに接続出来ると言っても、消耗品の一種の記憶媒体である事に違いはありません。

だからnasのリスクを理解している技術者は、nasのバックアップを取得する記憶媒体を別に用意しているのです。


■災害に巻き込まれると複数の機器が同時に壊れる

機械に経年劣化は付き物ですが、同時に壊れるという事態は稀です。

そういう意味では前述したnasのバックアップを取得する記憶馬体を準備するやり方は有効だと言えます。

しかし記憶媒体の置き場所がnasの近くだと、同時に壊れるリスクを高める事になるのです。

機械は物理的なエネルギーに晒される事で壊れます。

具体的には予期せぬ災害に巻き込まれたnasとバックアップ用の記憶媒体は、同時に壊れてしまいデータ復旧が不可能になるのです。

災害発生によるリスクを考慮すべきなのは確かだと言えます。


■物理障害のスペシャリストに頼る

nasに保存しておいたバックアップデータが復元不可能であれば、データ復旧業者に頼るしかありません。

データ復旧業者は物理障害に晒された記憶媒体を直す事に長けています。

その技術を利用する事で一時的に稼働する状態まで回復させて、新品の記憶媒体へデータを移行するのです。

個人による対応が不可能な場合でも、データ復旧業者に任せれば情報を取り返せる可能性があります。

デジタルデータリカバリーのように無料診断サービスを請け負っている業者も存在するので、復旧の可能性を試してからでも諦めるのは遅くありません。


■nasのリスクを軽減する方法

前述した災害によるトラブルが発生したのは、重要な情報が詰め込まれている機器が同時に壊れたからです。

nasを使用する際にそのリスクを軽減したいのであれば、nasのバックアップの保存先もネットワークに依存するタイプを選ぶべきだと言えます。

nasの近くでバックアップの取得を行うよりも、離れた場所から全ての作業を行う方が安全だからです。

nasの近くにバックアップデータが詰まっている機器を置き忘れるリスクも解消されます。

運用方法を少し工夫するだけで、データ復旧業者のサービスの料金を支払わずに済みます。

データ復旧業者は頼みの綱として役立ちますが、サービスの料金が高額に設定されている事は否めません。

よって最悪の事態を招かないような態勢を整える事が大切です。

重要な機器は距離を取るのが最良な手段になります。