ホットスタンバイ方式のサーバーが災害に見舞われた場合のデータ復旧

サーバーの記憶媒体は常に故障するリスクを孕んでいます。

故障したサーバーはメーカーへ送る事が必要なので、データ復旧作業まで間が空くのが難点です。

データ復旧の成功確率は故障期間が長引くと低下すると言われています。

だから重要なデータを溜め込んでいるサーバーは、ホットスタンバイ方式を採用するようになったのです。

あらかじめ予備のサーバーを準備しておくホットスタンバイ方式は、記憶媒体の故障と同時に予備機へ切り替える仕組みが実現します。

問題は初期投資額と維持費が肥大化する点ですが、重要なサーバーのデータを守る上では非常に効果的です。


■災害を受けると一緒に壊れる

最も多い記憶媒体が故障する原因は経年劣化です。

経年劣化による故障は、同時に複数の箇所で発生するのは稀だと言えます。

だからホットスタンバイ方式は、サーバーの故障リスクを軽減する効果があると認められているのです。

しかしホットスタンバイ方式の備えは、全ての問題を解決する手段ではありません。

前述した同時に発生する故障は対処しきれないからです。

通常は発生しない同時故障ですが、災害によってサーバーを管理している室内全域がトラブルに見舞われれば話は別です。

ホットスタンバイ方式は操作やメンテナンスに不自由がないように、本番機の近くに予備機が設置されます。

管理している部屋が火事や水害に陥れば、導入している2台のサーバーが同時に故障する可能性が極めて高いのです。

同時にサーバーが被害に遭えば、データ復旧の成功確率は激減します。


■万が一の場合はデータ復旧業者に頼る

ホットスタンバイ方式を採用しているサーバーは、重要なデータを保存している事を意味します。

役に立たないデータを蓄積しているサーバーは、ホットスタンバイ方式の準備を整える必要がないからです。

データ復旧が不可能だと確定してしまえば、サーバーを管理している者の責任問題になりかねません。

仮にホットスタンバイ方式の本番機と予備機が壊れた場合には、データ復旧業者に相談するのが賢明だと言えます。

データ復旧業者は物理障害に陥った記憶媒体からデータを抽出する事が得意だからです。

ホットスタンバイ方式は同時にデータの書き込みが行われているため、片方の記憶媒体の物理障害さえ解消出来れば原状回復させられます。

データ復旧サービスを提供している会社として業界大手のデジタルデータリカバリーという会社がありますが、法人で多くの実績があり、ISO認証やPマークの取得などセキュリティ面でも安心できる企業です。


■定期的なバックアップデータを取得する

ホットスタンバイ方式のサーバーは、バックアップを取得する事もデータ復旧の際に役立ちます。

災害に巻き込まれても近い状態のデータが残っていれば、妥協点を探り出す事が可能になるからです。

ただしバックアップを保存する記憶媒体は、サーバーから距離を置くべきだと言えます。