デュアル構成のサーバーが災害に見舞われた場合のデータ復旧

コンピュータを使ってデータ入力すると、時間を有効活用出来ます。

しかしコンピュータを操作するのは人間なので、ヒューマンエラーが発生する事もあるのです。

それは手作業でも生じるトラブルですが、入力したデータを簡単に転用出来るコンピュータは、ヒューマンエラーによる影響が大きいと言われています。

だから重要なデータを入力するコンピュータは、デュアル構成で運用されるようになったのです。

デュアル構成とは全く同じ作業を行い入力されたデータを定期的に照合する仕組みを指します。

両者が全く同じミスをする事はあり得ないので、信頼出来るデータを入力したい時は効果的です。


■デュアル構成はデータ保守に関しても優れている

デュアル構成は予測不可能な記憶媒体の故障にも対処出来ます。

なぜなら2台の端末が同時に壊れるケースは珍しいからです。

仮に片方の端末が壊れてしまっても、正常な端末のバックアップデータを利用すればデータ復旧を行えます。

短いスパンでデータ称号が行われていれば、手作業による補正の手間は最小限で済ませられるのです。


■災害が欠点になる事もある

デュアル構成の2台の端末が近くに置かれていると、広い範囲に被害を引き起こす災害が命取りになる事があります。

例えばサーバールームに2台の端末が置かれていると、室内が火事になるだけで両方が壊れてしまうのです。

記憶媒体の損傷具合によっては、データ復旧業者のサービスでも手に負えない可能性があります。

バックアップデータが別の場所に保管されていないと、手作業によるデータ復旧を強いられる事になるのです。


■可能な限りデュアル構成になっている端末の距離を開ける

災害によってデュアル構成の端末が壊れる事を避けたい場合には、端末同士を近づけない備えが大切になります。

前述した室内全域の火事が発生した場合でも、部分的には軽い損害で済む事もあるからです。

デュアル構成は片方の端末のデータが残っていれば、データ復旧が行える見込みがあります。

つまり災害によって一網打尽になり難い工夫がされていれば、2台の端末のデータが同時に失われてしまうリスクを小さくする事が可能です。

昨今ではネットワーク通信を使って、照合作業を簡単に行えます。

ネットワーク環境さえ整っていれば、端末同士をケーブルで繋ぐ事は必要ありません。

例えば複数の支社を持つ企業であれば、離れている支社を利用してデュアル構成を構築する事も可能です。

ただしデータ保守に気を配る余り、業務遂行が疎かになっては本末転倒です。

作業効率とデータ保守のバランスが取れている事が最低条件になります。

同じ室内で作業を行う必要があるなら、端末を少し離れた場所に置くだけでも効果的です。