デュアルドライブの端末が災害に見舞われた場合のデータ復旧

2つの記憶媒体を内蔵しているパソコンやサーバーは、デュアルドライブと呼ばれています。

記憶媒体の故障トラブルの発生確率は高まりますが、機器の保存容量を増やす事が可能です。

SSDとハードディスクを搭載したデュアルドライブは、アクセス処理能力を高めて十分な保存容量を確保する事も出来ます。

運用方法次第では記憶媒体の利点だけを引き出した使い方が行えるので魅力です。

しかしデュアルドライブが仇になってしまう事もあります。

例えば災害にパソコンやサーバーが巻き込まれてしまうケースでは、記憶媒体の故障が同時に発生してしまいます。

定石通りにペアの相手の記憶媒体へバックアップを保存しておくと、データ復旧が困難になってしまうのです。


■記憶媒体が壊れたらデータ復旧業者に依頼する

故障したSSDやハードディスクは、個人の力で対処する事が不可能です。

しかし物理障害に陥った記憶媒体は、データ復旧業者へ譲渡する事で道が開ける事もあります。

物理障害の対応サービスを提供しているデータ復旧業者は、故障した記憶媒体からデータを回収して正常な記憶媒体へ移す事を得意にしているからです。

ただしデータ復旧業者のサービスの料金は高額な設定になっています。

貴重なデータが失われた時に限る利用に抑えるべきです。

依頼をする際には初期診断と見積もりを無料で行ってくれるデジタルデータリカバリー社がおすすめです。


■データ復旧業者の利用を抑える方法

データ復旧業者のサービス利用回数を抑えたい場合には、デュアルドライブの使い方を見直す事が効果的です。

例えば基本ソフトや応用ソフトのインストールをSSDに行い、それ以外の情報をハードディスクに行うやり方があります。

このやり方を全うすると貴重な情報がハードディスクに集中している状態を作り出せるのです。

基本ソフトしかインストールされていないSSDは、無理してデータ復旧業者のサービスを活用する必要がなくなります。

災害にデュアルドライブが巻き込まれてしまった場合には、ハードディスクだけをデータ復旧業者に託せば良いのです。


■デュアルドライブのバックアップを離れた場所で管理する

デュアルドライブのバックアップは、ペアの相手の記憶媒体に保存する事が多いと言われています。

災害のリスクを考慮するなら遠方地で管理する方が効果的です。

特定の拠点が災害に遭遇しても、遠方に存在するバックアップデータの管理先がダメージを受ける事はありません。

リスクマネジメントにおいて最も重要なのは、貴重な存在を特定の場所に集中させない事です。

デュアルドライブの記憶媒体のバックアップを守りたい場合には、ネットワーク接続が可能な記憶媒体であるnasが有効だと言われています。