論理障害になった化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

専用システムを導入した化粧品製造会社は、過去の時代とは比較にならないほど業務の効率性が高まっています。

顧客が発注を希望した製品名を入力するだけで、在庫数を確認してから不足分の生産に必要な素材の納期まで知る事が可能です。

それが実現したのは専用システムの完成度が上がった事と、処理能力が優れたサーバーが登場した事です。


ソフトウェアとハードウェアの品質が上がった事によって、化粧品製造会社は業務の大部分を専用のシステムに任せられるようになりました。

しかし業務の根幹を専用システムが支えるようになった事で、サーバーの障害が発生した時の損害は拡大傾向にあります。

専用システムの利便性が高まれば動かなくなった時の影響が大きくなるのは必然です。


■データ復旧ソフトで論理障害を修復する

サーバーのトラブルで最も頻繁に発生するのは、記憶媒体の物理障害だと言われています。

記憶媒体は消耗品の一種であるにも関わらず多重化の措置が採られていないからです。

しかし化粧品製造会社においては記憶媒体の論理障害の方が発生確率が高いと言われています。

理由はサーバー内のデータ同士による関連付けが行われているため、1部のデータが損傷するだけで問題が顕在化し易いのです。

そして様々な要素と関連付けされているデータが損傷すれば、被害範囲は広範になる事もあります。


論理障害を改善するのに最も簡単な手段はデータ復旧ソフトを用いる事です。

データ復旧ソフトはログを参考にして、障害発生前の状態に戻す機能を有しています。

サーバー上にログさえ残っていれば、どれだけ広い範囲の論理障害も解消出来る可能性があるため信頼されているのです。


■データ復旧ソフトで手に負えない障害はデータ復旧業者に任せる

論理障害に対して確かな効力を持つデータ復旧ソフトですが、参考になるログが存在しないトラブルや記憶媒体が特殊なケースだと通用しない事もあります。

その時に頼られているのはデータ復旧業者です。

記憶媒体に関する研究を進めているデータ復旧業者は、最近普及が進んでいるSSDの論理障害でも対応する事が出来ます。

ログが存在しない論理障害だったとしても、効果的な対処策を講じる事が出来るのです。

ログが存在しないだけで停止してしまうデータ復旧ソフトよりも臨機応変な対応を期待出来ます。


■低品質なサービスを提供する業者も存在する

化粧品製造会社は論理障害が発生する前に、信頼出来るデータ復旧業者を探しておく事が多いと言われています。

理由はサービスの品質が低いデータ復旧業者だと、サーバーを預けても論理障害の解消に失敗してしまう事があるからです。

貴重なデータを保有している化粧品製造会社は、高い成功確率を誇るサービスを望んでいます。

だから事前に良質なサービスを探しているのです。