化粧品製造会社のRAID6構成のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社で作られる製品の種類は増加の一途を辿っています。

美容関連商品への関心が高まっている事も影響している事で、新規参入を目論む企業の活動が目立つようになっているからです。

新規参入を果たすためには化粧品を低コストで大量生産出来る設備が必須になります。

資金に余裕があれば設備投資によって得る事は可能ですが、失敗した時のリスクが高過ぎるのは問題です。


だから化粧品製造会社に業務委託をする格好で、リスクマネジメントを図っています。

化粧品製造会社は過去の時代よりも扱う化粧品の種類が増えた事で、管理業務の効率化を狙うようになりました。

だから最近ではサーバーに専用システムをインストールする化粧品製造会社が当たり前になっているのです。


■RAID5構成の欠点を解消したRAID6構成について

サーバーを使って管理業務を効率化する事で、コスト削減効果を得られます。

しかしサーバーに情報を溜め込む事が不可欠なので、記憶媒体が故障した時の危険が大きいという問題もあるのです。

それを解消するためにRAID6構成のサーバーを採用する化粧品製造会社が多いと言われています。

RAID6構成は2種類のパリティを生成するため、2台の記憶媒体の故障にも耐えられるからです。

RAID5構成のサーバーよりも記憶媒体の領域を使用する事になりますが、耐障害性に関しては完全に上回っています。

1台の記憶媒体の故障にしか対応出来ないRAID5構成よりも評価されるのは当然です。


■RAID6構成のデータ復旧

化粧品製造会社のサーバーが停止する時、記憶媒体に故障が発生している事が多いと言われています。

サーバーの動作を支えている大半の部品は多重化の措置が施されており、1つの部品が壊れても問題ありません。

しかし記憶媒体は単体で動かしているため、1台が壊れるだけでサーバーの障害に至ります。

RAID6構成は複数の記憶媒体を用いる技術ですが、1台が停止するだけでサーバーがダウンするという点は同じです。

RAID6構成の記憶媒体が壊れたらアクセスが不可能になるので新品への交換を済ませます。


新品の記憶媒体を設置すればRAID6構成のサーバーは稼働を行える状態になります。

ですがサーバー内の記憶媒体は異常が生じている状態です。

化粧品製造会社のサーバーとして用いるには、記憶媒体のデータ復旧を済ませなければなりません。

3台以上の記憶媒体が無事な状態であれば、RAID6構成はリビルドを実行出来るので大丈夫です。

RAIDコントローラのマニュアルを読んでから、正しい手順で操作するだけでデータ復旧は果たされます。