化粧品製造会社のRAID5構成のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造代行の需要が高まっている事で、化粧品製造会社は様々な製品を開発するようになりました。

顧客の数だけ要望は増えるので、用いる素材や納期に関するマネジメントを行うだけでも大変です。

それに対応するのは従来のやり方では難しいと言われています。

前述したマネジメント業務に無駄があるからです。

無駄を省くために大半の化粧品製造会社は、所有しているサーバーに専用システムを搭載するようになっています。

最近では化粧品の製造開発のサポートに特化したシステムが登場しており、業務効率を改善する上で不可欠な存在だからです。


しかしサーバーが故障するだけで蓄積してきたデータへのアクセスが不可能になります。

何の備えもしていないサーバーを運用する事はリスクが高過ぎるという事です。


■RAID5構成が人気になっている理由

化粧品製造会社のサーバートラブルの中で最も恐れられているのは、データを蓄積している記憶媒体が故障する事です。

記憶媒体を交換によってサーバーは動くようになりますが、以前と同じ利便性を望む事は出来ません。

なぜなら化粧品製造会社のマネジメントに役立っていたのは、専用システムと入力データの存在があったからです。

その2つは記憶媒体に記録されているので、交換すれば失われてしまいます。


だからサーバーはRAID5構成で運用されるようになったのです。

RAID5構成は1台の記憶媒体が壊れると同時に停止します。

しかし故障原因である記憶媒体を取り替えると、RAIDコントローラによるリビルドが実行可能になるのです。

リビルドを実行すると故障した記憶媒体に保存されていたデータが復元されます。

簡単にデータ復旧を果たせる事が、RAID5構成を利用する化粧品製造会社は後を絶たない理由です。


■RAID5構成の欠点

しかしRAID5構成を運用していても、化粧品製造会社のデータが戻らない事があります。

それは2台の記憶媒体が壊れてしまった場合です。

RAID5構成はパリティと呼ばれるデータ復旧用の要素を生成しています。

RAID5構成で生成されるパリティは一種類であり、1台の記憶媒体の故障にしか対応出来ないのです。

よって2台目の記憶媒体が壊れていると、データ復旧が不可能になります。


■データ復旧業者を頼る

前述したRAID5構成の欠点を解消する手段があります。

それは2台の記憶媒体が壊れた時に限り、データ復旧業者のサービスを用いる事です。

データ復旧業者は物理的に壊れた記憶媒体の情報を吸い出して、新しい記憶媒体へコピーします。

確実な成功が保証されているサービスではありませんが、1台でもデータ復旧に成功すればリビルドを実施する事が可能になるので有用です。