化粧品製造会社のRAID10構成のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社は業務効率を改善する目的でサーバーを運用しています。

しかし入力されたデータが複雑に関連付けされている事もあり、サーバーの処理能力が足りなくなる事例は珍しくありません。

有効な技術は2台の記憶媒体とRAIDコントローラで実現するRAID0構成ですが、記憶媒体が故障するとデータ復旧が難しいという欠点もあります。


重要なデータを業務上で活用している化粧品製造会社は、データロストのリスクを無視すべきではありません。

だからRAID0構成にRAID1構成の技術を上乗せしてRAID10構成が、化粧品製造会社で人気を獲得しているのです。


■メーカーが請け負うのは部品の修理交換まで

RAID10構成のサーバーに内蔵されている記憶媒体が壊れたら、メーカーへの連絡を素早く済ませる事が重要になります。

メーカーの指示に従わない限り、記憶媒体の取替作業が進まないからです。

電話やメールを使ったメーカーへの報告の中で記憶媒体の故障が明確になったら、大まかな修理完了スケジュールを知る事も出来ます。

しかしメーカーの発表した修理完了スケジュールが、RAID10構成のサーバーの復旧を指しているわけではありません。

なぜならメーカーによる修理対応はデータ復旧が含まれていないからです。

修理完了したサーバーが返送されてから、化粧品製造会社のスタッフで実施する事になります。


■ユーザーによるRAID10構成のデータ復旧

修理完了されたサーバーが持ち主である化粧品製造会社へ郵送される前に、RAIDコントローラの仕様書を読んでおく方が効率的です。

RAID10構成のデータ復旧は採用されているRAIDコントローラによって違います。

そのためRAID10構成のリビルドの経験がある技術者であっても、RAIDコントローラの仕様書に目を通す事は常識です。

だからRAID10構成のサーバーが戻ってくる前に仕様書の確認を済ませます。

サーバーが戻ったらRAIDコントローラを仕様書通りに正しく用いるだけでデータ復旧は完了です。


■リビルドに失敗する場合はデータ復旧業者に頼る

RAIDコントローラの扱いさえ理解していれば、リビルドを実行するのは難しくありません。

しかし何らかの問題が発生しているせいで、正しいリビルドの手順を踏んでもデータ復旧に失敗してしまう事があります。

その時は取り返しのつかない問題へ発展する前に、データ復旧業者のサービスを頼るべきです。

化粧品製造会社のサーバー内のデータが失われると、業務全体に支障を来たす事になります。


それは長期に渡って業績へ悪影響を及ぼす事もあり得るのです。

大きなリスクを背負うよりも手堅いサービスを用いるべきだと言えます。

リビルドの代行を専門に請け負っているデータ復旧業者が信頼出来る存在なのは確かです。