化粧品製造会社のRAID1構成のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社は多数の顧客を抱えるようになりました。

化粧品の製造代行を依頼する企業が増えているからです。

自社ブランドのイメージが反映された化粧品を販売する事によって顧客開拓を目論んでいます。

特定の分野だけでファンを増やし続ける事には限界があるからです。

昨今は美容ブームが到来している事もあり、化粧品の需要が高まっています。

それが化粧品開発事業を展開したいと考える顧客の増加に繋がっているのです。


しかし化粧品製造会社のマネジメント業務は、以前よりも仕事量が増えたと言えます。

顧客の依頼によって扱う化粧品の種類が増え続けているからです。

マネジメント業務の効率化が果たされない限り経費が肥大化する一方なので、サーバーを導入して専用システムをインストールするようになりました。

その方が顧客と化粧品の管理が効率的だからです。


■RAID1構成が人気

サーバーを導入して効率性を追求する事は新たなリスクの顕在化を意味します。

サーバーに内蔵されている記憶媒体が壊れれば、蓄積している情報が消失してしまう事です。

化粧品製造会社の業務がサーバーに依存していると、データが消える事によってサービスの品質が低下します。

巡り巡って顧客満足度の低下にも繋がる事態なので、サーバーはRAID1構成で運用されるようになっているのです。

RAID1構成は2台の記憶媒体へ同じデータを保存する形式で、1台が壊れてもシステムが停止する事はありません。

つまり記憶媒体の故障によって化粧品製造会社が困るケースは激減するという事です。


■RAID1構成はリビルドが重要

RAID1構成は記憶媒体が壊れてもシステムが停止しません。

そのため化粧品製造会社は記憶媒体の交換を後回しにしてしまう事があります。

それはRAID1構成の安全性を著しく損なう行為です。

なぜなら2台目の記憶媒体が壊れた時、データ復旧する手段が失われるからです。

1台の記憶媒体が壊れている状態を放置するのではなく、交換後にリビルドも実行するのがRAID1構成の正しい運用だと言えます。


RAIDコントローラによるリビルドさえ果たせれば、新しい記憶媒体のデータ復旧は完了です。

故障前と同じようにサーバーを用いる事が出来ます。

化粧品製造会社のデータは安全な状態になるという事です。


■RAIDコントローラの仕様に注意

リビルドを主導するRAIDコントローラは、製品によって扱う方法が違います。

RAIDコントローラの中には電源を入れると同時にリビルドが実行されるタイプも存在するので注意すべきです。

扱いを間違えるとデータ復旧に失敗してしまう事があります。

データ復旧を始める前にRAIDコントローラの仕様書を読み込めば、リビルド失敗のリスクを低くする事が可能です。