nasに保存したバックアップで化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社にとってマネジメント業務は非常に重要です。

現代人の多くは自身の美容に関心を持つようになり、改善を促す商材の売れ行きが伸びています。

それを見た企業は自社ブランドの特色を反映した化粧品開発を計画するようになったのです。

ですが化粧品開発には専用の設備が必要になので、化粧品製造会社が生産を代行しています。

それが顧客の増加に繋がっておりマネジメント業務の質が重要視されるようになったのです。


人間の力だけで業務の質を高めるのは難しいですが、専用のシステムを使えば話は別です。

専用システムを運用するために、化粧品製造会社はサーバーを所有するようになりました。


■nasにバックアップを保存すれば安全

化粧品製造会社のサーバーの記憶媒体には、貴重な情報を大量に保存されています。

1台のサーバーで全ての情報を扱えるのは便利ですが、記憶媒体の故障には注意しなければなりません。

精密機械である記憶媒体は故障リスクに脅かされています。

記憶媒体の故障を絶対に防ぐ事は不可能ですが、リスクを軽減する手段は存在しています。

それはバックアップデータを取得してnasへ保存する事です。


LAN回線を通じてデータの保存を行えるnasは、サーバーの近くに設置する必要がありません。

仮にサーバーが設置されている現場で災害が発生しても、サーバーとバックアップの保存先の記憶媒体が同時に壊れる事を避けられます。

USB規格のハードディスクでは以上の様な運用は不可能です。

ネットワーク経由で利用出来るnasだからこそ実現した運用方法だと言えます。


■サーバーとnasの接続状態を作ってからデータ復旧する

サーバーの記憶媒体が壊れたら、メーカーによる部品交換後にデータ復旧を行うのが通例です。

しかしnasをバックアップの保存先にしている場合には、ネットワーク設定を整える必要があります。

セキュリティ設定がしっかり行われているnasは、無関係な機器のアクセスを拒否するからです。

サーバーの設定入力が行われない限り、nasにアクセスしてバックアップを取得する事が出来ません。


サーバーとnasの接続が行えるようになったら、バックアップをサーバーの記憶媒体へコピーします。

ネットワーク回線越しにバックアップをリストアしようとすると、回線接続が不安定になるだけでデータ復旧に失敗するからです。

安定してリストアを行える状態が、データ復旧の成功確率を高めます。


■nasのバックアップが使えない場合

nasはバックアップの自動取得を行い易いので、化粧品製造会社の中にはバックアップの設定だけ行い放置する場合があります。

知らない間にnasが壊れてバックアップの取得が行われていないケースは少なくありません。

その時はデータ復旧業者にサーバーを預けて記憶媒体の物理障害を解消するのが効果的です。