ホットスタンバイ方式の化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

サーバーが壊れるとメーカーへの郵送手配を整えなければなりません。

保守契約を締結しているサーバーを勝手に修理すれば、今後の対応を断られてしまう事もあります。

サーバーの故障リスクとは常に向き合わなければならないので、メーカーとの関係を良好に保つ事は大切です。

しかし故障した機器をメーカーへ送っている間は、サーバーにインストールしているシステムが使用不可能になります。

サーバーのシステムに業務が依存しきっている場合には問題です。

システムが不在の状態になる事で経費の肥大化は避けられません。


その問題が大きな影響を与えるのは化粧品製造会社だと言われています。

在庫や顧客のデータの関連付けを入念に行う事で、業務フロー上の無駄を減らしているからです。

化粧品製造会社はサーバーが壊れている時も、システムの維持に力を入れなければなりません。


■ホットスタンバイ方式が効果的

化粧品製造会社がサーバーの故障に備えるために出した回答は単純明快でした。

2台目のサーバーを準備しておき、1台目が壊れた時点で自動的に切り替わる仕組みにしたのです。

これはホットスタンバイ方式と呼ばれるやり方で、世界中の技術者に有効性を認められています。

ホットスタンバイ方式における予備機は、エネルギーの無駄が大きいという欠点があるのも事実です。

しかしシステムが停止する時間が非常に短いので、化粧品製造会社のスタッフが気づく事はありません。

本番機のサーバーが壊れて業務の滞りが発生しないので、大半の化粧品製造会社はホットスタンバイ方式を採用しています。


■早急にメーカーへサーバーを送るべき

ホットスタンバイ方式においてサーバー内のシステムが停止する事は稀です。

しかし故障が発生したサーバーは直ぐにメーカーへ郵送すべきだと言えます。

本番機に加えて予備機まで壊れてしまうと、システムが完全に停止してしまうからです。

ホットスタンバイ方式は一時しのぎの技術なので、与えられた猶予を有効活用する事が重要になります。


■サーバーのデータ復旧

サーバー故障の大半は部品交換で解決しますが、記憶媒体がトラブルの発生源だと話は違います。

なぜなら記憶媒体を交換してしまえば、化粧品製造会社の所有するデータが消えてしまうからです。

今までのデータが存在していないサーバーは、修理交換しても役に立つ事はありません。

よって新しい記憶媒体にデータ復旧の措置を施す事が必要になります。

データ復旧の手順は非常に簡単です。


本番機が戻ってきた時点で予備機からバックアップを取得します。

そのバックアップを本番機のサーバーへリストアするだけです。

化粧品製造会社のシステムの維持に務めていた予備機は、最新のデータを保有している状態になります。

そのバックアップをリストアに用いれば、本番機のデータ復旧に効果的なのは道理です。