デュプレックス構成になっている化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

サーバーの有無は化粧品製造会社にとって非常に重要です。

化粧品製造会社向けに開発されたシステムを用いないと、顧客や商品や素材の管理に手間取る事になります。

多数の顧客を相手に商売を展開していると、試作品の開発から大量生産の合意を貰えるまでよりも、管理業務で苦労する事になるからです。


管理業務の効率性を追求した専用システムが使用不可能だと、安価で化粧品を販売する事が難しくなります。

それが長期化すれば顧客満足度の低下へと問題が波及するのです。

だから予備のサーバーを準備して故障に備える事は、大半の化粧品製造会社において実践されています。


■デュプレックス構成は無駄にエネルギーを浪費しない

予備のサーバーを待機させておくスタイルは様々ですが、特に最近注目を集めているのがデュプレックス構成です。

デュプレックス構成の予備機は電源を入れてサーバーの故障に備えています。

ここまではホットスタンバイ方式と共通ですが、デュプレックス構成の予備機は待機中にパッチ処理を担当させるのです。


ホットスタンバイ方式は待機させておくだけなので、エネルギーの無駄が発生するという欠点がありました。

デュプレックス構成はその欠点を解消するために、簡単な処理を予備機に任せているのです。

そしてサーバーに不具合が発生したら、予備機のパッチ処理を停止させて化粧品製造会社の専用システムを起動させます。

欠点が解消されたデュプレックス構成が人気になったのは必然です。


■本番機はデータ復旧が必要

デュプレックス構成の予備機は即座に切り替えられるように、データの同期が取られています。

それ故に本番機のバックアップを取得してリストアする必要はありません。

しかし修理された本番機に関しては、予備機のバックアップを用いてデータ復旧する事が大切です。

デュプレックス構成のサーバーが同期を取得する仕様になっている時、参考にされているのは本番機になります。

本番機を元の状態に戻したら、故障時のデータが予備機に反映されてしまいます。

本番機が故障してから修理されるまでのデータが消えてしまうのです。


化粧品製造会社の本業にも差し支えが生じるため、最新データである予備機のバックアップをリストアします。

予備機のバックアップでデータ復旧が果たされていれば、デュプレックス構成の同期機能が働いても問題ありません。


■記憶媒体の交換が行われていると大変

前述した同期機能による最新データのロストは、手動入力によって解決する事が出来ます。

しかし故障原因が記憶媒体だった場合には、予備機のデータが全て消えてしまうので大変です。

サーバーに入力されているデータ量が多過ぎると、手動入力では対応しきれない可能性が高くなります。

大きな事故を防ぐにはデータ復旧の手順書を用意するのが最善です。