デュアルドライブになっている化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社は顧客の要望をリスニングしてから試作品を制作します。

試作品の開発は顧客がクオリティに満足するまで繰り返されます。

そして顧客が試作品の出来に満足したら大量生産が行われるのです。

化粧品の完成までは非常に複雑な工程であり、多数のスタッフが関わっています。

そのせいで専用システムがインストールされているサーバーは、十分な処理能力を持たないと動作が重くなってしまう事があるのです。


それは化粧品製造会社の全域で業務効率が落ちる事を意味します。

能率を上げるためにサーバーを導入したのに仕事のペースが落ちては元も子もありません。

だからサーバーの処理能力を向上させるために、化粧品製造会社はデュアルドライブを採用するようになりました。

処理速度に定評のあるSSDと十分な保存容量を有するハードディスクを搭載する事で、サーバーに関しては磐石にする事が出来るからです。


■デュアルドライブのバックアップ

前述したデュアルドライブはバックアップの保存先に関しても優れています。

SSDのバックアップはハードディスクに格納して、ハードディスクのバックアップはSSDに保存出来るからです。

デュアルドライブには2台の記憶媒体が搭載されていますが、同時故障に至る事はまずあり得ません。

だからデュアルドライブではペアの相手をバックアップの保存先にする手法が主流になっています。


■SSDのデータ復旧

デュアルドライブのSSDは基本ソフトや化粧品製造会社の専用システムがインストールされています。

基本ソフトと専用システムの高速化が目的なので、SSDがインストール先として選ばれるのです。

基本ソフトがインストールされていなければ、バックアップをリストアする事が出来ません。

よってデータ復旧の事前準備として、基本ソフトの再インストールを行います。

基本ソフトの準備が完了したら、ハードディスク内のSSDバックアップをリストアします。

リストアに成功すればSSDのデータ復旧は完了です。


■ハードディスクのデータ復旧

デュアルドライブではハードディスクの方が壊れ易いと言われています。

ハードディスクはSSDよりも耐障害性の面で劣るからです。

ハードディスクが壊れた時には、SSDにほぞんしているバックアップに直ぐアクセスする事が出来ます。

SSDが無事な状態であれば基本的な操作を行えるからです。

よって直ぐにハードディスクのデータ復旧を進める事が出来ます。


注意点があるとすればハードディスクの使用領域が多いと、SSDの保存可能領域が狭くなる事です。

その時にはデュアルドライブの優位性を活かすのではなく、バックアップを保存するための記憶媒体を準備すべきだと言えます。