コールドスタンバイ方式の化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社はサーバーへ案件に関するデータを入力して、仕事の流れを円滑にしています。

サーバーにインストールされている専用システムのおかげで、以前とは比較にならない程のスピードで仕事が進められるようになったのです。

しかしサーバーが故障すると仕事に支障を来たします。

今まで力を借りてきた存在が頼れなくなれば当然です。

そのため化粧品製造会社のサーバーに関するリスクを可能な限り排除する事が、業務の安定化に繋がると論じられるようになりました。


■コールドスタンバイ方式による効果

サーバーが壊れるとメーカーへ送る事が決まりになっています。

壊れた原因である部品交換さえ行えば修復は可能ですが、ユーザーが勝手に手を加える事が許されていないからです。

メーカーとの保守契約を違反する事は愚の骨頂だと言えます。

しかしサーバーのメーカーの対応が完了するまで化粧品製造会社は専用システムが使用不能になってしまいます。

その問題点を解決するために化粧品製造会社は予備機を所有するようになったのです。

電源を落とした予備のサーバーを用意しておくコールドスタンバイ方式であれば、本番機を撤去してから予備機を再設置する事が可能になります。

サーバーの非稼働時間を短縮化出来る事が、コールドスタンバイ方式の最大の利点です。


■コールドスタンバイ方式のデータ復旧

コールドスタンバイ方式の予備機を用いる上での注意は、本番機のバックアップをリストアしなければならない事です。

電源を入れたばかりの予備機は、故障直前までの本番機のデータが入力されていません。

つまり本番機と予備機を物理的に入れ替えるだけでは意味がないのです。

取得していたバックアップをリストアする事で、データ復旧が行われた予備機は初めて役に立ちます。


■バックアップの取得が大切

コールドスタンバイ方式の成功の鍵を握るのは、本番機から取得するバックアップデータの質です。

例えばサーバーの扱いに疎い化粧品製造会社は、1回のバックアップの取得作業だけで満足してしまう事があります。

記憶媒体にリストアするバックアップを確保すれば、データ復旧する上では問題ないと考えるからです。

しかし化粧品製造会社のサーバーは、頻繁にデータの入力が行われています。

リアルタイムで進められている案件や常に変動する在庫に関するデータを入力しているからです。


つまり古いバックアップデータをリストアしても、本番機の代替え機としての責務を予備機は果たせません。

必要なのは故障時に近い状態の記憶媒体から取得したバックアップデータです。

バックアップの取得を習慣付ける事は、化粧品製造会社にとって重要だと言えます。