物理障害になった化粧品製造会社のサーバーをデータ復旧する

化粧品製造会社の大半がサーバーに専用システムをインストールしているのは、管理業務の負担を軽減するためです。

専用システムを用いてデータ入力すれば、プログラム通りに情報の処理が行われます。

案件の納期だけでなく化粧品の在庫や製造に必要な素材に関するデータも一目瞭然になるため、業務効率が大幅に改善されるのです。


しかしサーバーの記憶媒体が物理障害に至ると、入力してきたデータが全て失われてしまいます。

そのリスクを低下させない限り、サーバーを安心して利用する事は出来ません。


■サーバーの記憶媒体が壊れたらメーカーへの連絡を急ぐ

サーバー内の記憶媒体が壊れた時は、最初にメーカーへの連絡を済ませるべきです。

記憶媒体の故障で最も大きな山場になるのは、新しい記憶媒体へ交換した後のデータ復旧になります。

しかし記憶媒体の交換を行うのはメーカーの役目なので、化粧品製造会社のサーバー管理者は準備が整うまで待機する事になるのです。

準備が早く終わりさえすればデータ復旧の段取りを進められるため、初動対応を素早く実行する事が重要になります。


■バックアップの品質が重要

メーカーは修理が完了したサーバーを送り主である化粧品製造会社に返送します。

優れた技術を持つスタッフが担当するので、記憶媒体の交換までは問題ありません。

しかしデータ復旧の担当者は化粧品製造会社なので、手順が確立されていないと望むデータを取り戻せない事もあります。

データ復旧を確実に成功させたいのであれば、バックアップ作業を定期的に行うべきです。

故障時に近いバックアップデータを取得していれば、必要なデータを回収出来る可能性が高まります。


■バックアップのリストアが不可能な場合

バックアップデータの取得が正しく行われていれば、データ復旧を果たす事は難しくありません。

しかし記憶媒体の故障リスクを全く考えていない化粧品製造会社も存在しており、通常の手順ではデータ復旧が不可能な事もあります。

例えばバックアップの取得を業務フローに取り入れていない化粧品製造会社は、リストア機能を活用する事が出来ません。

その場合にはデータ復旧業者を頼るのが効果的だと言われています。


データ復旧業者は物理障害に陥った記憶媒体から情報を取り出して、新しい記憶媒体へコピーするサービスを提供しているからです。

データ復旧業者のサービスを用いる場合には、リストア機能を用いずに故障した記憶媒体の交換を行います。

ただしメーカーに無断で記憶媒体の交換を行うと、保守契約に違反してしまう事があるので注意が必要です。

データ復旧業者との話を進める間にメーカーとの協議も同時進行させるべきだと言えます。